タンジェント・ラジアルとイソパルス

より良いホイールを探している全ての方へ

株式会社マツシマ板橋支店の宮川昂平(みやかわこうへい)と申します。

私は自分でもマヴィック信者ではあることを自覚していますが、ちょっと突っ込んだ話をします。マヴィックジャパンの公式ホームページにはイソパルスは左右のスポークテンションバランスを改善。という趣旨の記述がされていますが、今回はそこにちょっと話を持っていきます。

イソパルスの公開されていない(?)特徴ですが、左右のスポークがバランスよくリムを引っ張れるようにしている。という工夫です。
わかりやすくするために、ラジアルとタンジェントの特徴を補足しておきます。

タンジェントとラジアルの絵

真ん中の丸はハブフランジです。そこから伸びた線はスポークです。
ラジアルはスポークが円の半径の延長線上にありますが、タンジェントは半径に対して角度が付きます。図では接線方向を意識していただきたいので、直角にしています。

壁のトイレットペーパー

見てのとおり、壁のトイレットペーパーです。地面に対して紙が垂直に垂れています。
トイレに入っているときに、これがキシリウムエリートのリアハブとスポーク(左側)に見えた私は、かなり(自主規制)だったはずです。
この紙は、巻いてあるトイレットペーパーを円とみなせば、接線方向に垂れ下がっています。
たとえとして滑車とワイヤーでも構いません。

接線方向

接線は英語でタンジェントと呼ばれていることと、スポークパターンのタンジェントの関係性はここにあります。
ハブフランジからスポークが接線方向に延びるからタンジェントと呼ばれている(はずです)。
この接線方向というは、ワイヤーであれ、トイレットペーパーであれ、ものをぶら下げる・引っ張るということに最も適した角度です。
ホイールに当てはめるとトルク伝達・ねじられ強さです。駆動でも制動でもどちらでも当てはまります。
つまり、タンジェントなら「全部いっしょー!!」ではなく、そのタンジェントが接線方向にどれだけ近いかで、トルクの伝えやすさは変化します。
直角となれば最大で、ラジアルに近づけばトルクの伝えやすさは弱くなります。

さて、これを踏まえてイソパルスをふわっと解説します。
イソパルスは左側タンジェント、右側ラジアルです。
左側のタンジェントは、ハブとリムの間のスポークが、接戦方向に並ぶスポークパターンです。これはスポークが長くなるので重量は増えてします。一方、接戦方向に並ぶスポークは、加速時にハブからリムに最も効率よくトルクを伝えることができます。左側はねじられ強いということです。
右側のラジアルは、ハブとリムの間のスポークが、放射状に並ぶスポークパターンです。これはスポークが短くなるので重量軽減に効果的です。一方、放射状に並ぶスポークは、加速時にハブからリムに効率よくトルクを伝えることができません。右側はねじられ弱いということです。
イソパルスではない、よくある完組ホイールのスポークパターンは左側ラジアル、右側タンジェントです。トルクの伝えやすさ・ねじられ強さは左側<<<右側です。加速時にハブの右側が左よりも圧倒的にリムを引っ張るので左右差によってリムがよれます。
余談ですが、タイヤの接地箇所がつっかえになるのでリムは左側に大きくよれます。シュータッチという現象はこうしておきていると私は考えています。
一方、イソパルスの場合は左側タンジェント、右側ラジアルですから、左側のスポークが最大効率でリムを引っ張り、右側は減らされる・・・トルクの伝えやすさ・ねじられ強さは左側<右側とか、左側≦右側といったところでしょうか。私、そういう計算はできないもので、そういった感じ。としてとらえていただけるとうれしいです・・・すみません。
マヴィックジャパンの公式ホームページには、イソパルスは左右のスポークテンションバランスを改善。という趣旨の記述がされていますが、これには「加速時の(駆動時の)」左右のスポークテンションバランスを改善。という言葉が隠れているのではないでしょうか。

大事なことをまとめます。
・スポークテンションの左右差がなくなれば加速感が良くなるわけではない。
・タンジェントが接線方向にどれだけ近いかで、トルクの伝えやすさ・ねじられ強さは変化。直角となれば最大で、ラジアルに近づけばトルクの伝えやすさ・ねじられ強さは弱くなる。ラジアルは最も弱い。
・イソパルスは、加速時に左右のスポークがバランスよくリムを引っ張れるようにスポークパターンを工夫している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました