ホイール選びもじっくりお話を伺います

板橋支店

株式会社マツシマ板橋支店の宮川昂平(みやかわこうへい)と申します。

今回はマツシマ板橋支店でお客様がホイールをお選びになる時のお話です。 

当店の一番の強みは、お客様とじっくりお話をすること。
店内のバーカウンターへ掛けていただき、じっくりじっくりお客様の話を伺います。伺ったお話の中から、お客様のご要望を整理していきます。 じっくりじっくりお話を伺うことで初めて見えてくるご要望というものもあります。 

以前、私が応対させていただいたお客様のカスタマイズの案件を元に、一例としてご紹介いたします。 
ホイールのカスタマイズをご検討されてご来店されたお客様。
あるブランドの完組ホイールをご検討されているそうですが、周囲のご友人の方々から、他ブランドのホイー ルをいくつか紹介されて迷い始めて困ってしまったとのことです。
このような事例、よく伺います。
私がホイールの応対をさせていただくときも、お客様のお話をじっくり伺うことを大事にしています。
特にブランドやモデルをある程度絞られている場合ですね。
お客様がなぜそのブランドのそのモデルのホイールをご検討されているのか、という背景をきちんとお聞きするようにしています。
こちらのお客様は今よりも加速感の良いホイール が欲しいという背景があることがわかりました。
その上で、できれば今のホイールよりもリムハイトがあるものが良いということも合わせて伺いました。 

そして、直近で使われているホイールや、今まで使った事のあるホイールのそれぞれの好きなところ、そうではなかったところを丁寧にお聞きします。
そうすることで、お客様の好みのホイールの特性が見えてきます。
デザインであったり、乗り心地であったり、加速感であったり。
特に加速感や乗り心地はカタログの仕様を見ても数値化され ないので、大事な情報です。
こちらのお客様の事例では、お話の中で今までのホイールより「鋭く」加速するホイールが良いという特性が見えてきました。 

この他には、どこをどのような走り方をしますか?という質問をします。
平地なのか峠なのか、下りはどのようなペースで下りますか?などです。
特にリムブレーキでカー ボンリムをご検討の方や、握力に自信のない方の場合、止まりやすいかどうかというもの大事な特性となります。
横風についても影響を受けにくい特性を持つモデルも増え てきています。
ディスクブレーキの場合はスポークの形状やパターンによってブレーキの効きの強さに差があります。
これも特性の一つです。 

また、私から補足としてベアリングの防塵性やメンテナンスの頻度や維持費の傾向についても、知る限りの情報をお伝えするようにしています。
ここで、ご検討されているホイールと、ご要望のホイールの特性が合っている場合や、反対にご要望の条件を満たさない場合が出てきます。
前者の場合は安心しておススメ ができますが、後者の場合は、ご要望との差についてお伝えし、そのご要望の優先度についてご相談することになります。ご要望の優先度が高い場合は、それを満たすモデルをご提案いたします。 

こちらのお客様の事例では、加速感の良い、リムハイト高めというご要望に、お話の中で、もっと鋭く加速してほしい、ブレーキが良く効く・ベアリングの防塵性が高め方 が良いというご要望が加わったところ、やはり当初よりご自身でご検討されていたブランドが最善という方針となりまして、そのブランドのモデルをお選び頂きました。
後日、私が受入検査を行いご納品いたしました。ライドの後にご感想を頂いたところ、「相談してよかったよ!」というありがたいお言葉をいただきました。 

当店の場合は大量の在庫もありませんので、在庫を「何とかする」という概念がありません。
大量の在庫の代わりにゆったりできるバーカウンターがありますので、お客様のご満足のために、ゆったりとした雰囲気の中でじっくりじっくりお話を伺います。
丁寧にご相談させていただくことで、お客様のご要望をきちんと理解し、お客様のご要望に沿ったホイール選びのお手伝いをすることができます。

お気軽にご相談くださいませ。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました