油圧ディスクブレーキのメリット・デメリット

ロードバイクのメンテナンス

マツシマ板橋支店の宮川でございます。

今回はロードバイクに搭載されている油圧ディスクブレーキについてご紹介させていただきます。

近年、ロードバイクに搭載されることが増えてきた油圧ディスクブレーキでございます。
ハイエンドモデルからエントリーモデルまで製品化され、多くのブランドの完成車に採用されるようになっております。
ブランドによっては、カーボンフレームのロードバイクは全て油圧ディスクブレーキに統一されている場合もございます。

では、そのメリットやデメリットについて、ご説明させていただきます。

まず、最初のメリット、十分にブレーキがきくことでございます。
油圧ディスクブレーキの優れた点は、ブレーキレバーを握った力が効率よくブレーキの力に変換されることでございます。
従来のリムブレーキでは、ワイヤーを用いてブレーキを動作させておりましたが、このワイヤーのうち、アウターワイヤーがブレーキのたびに圧縮されて変形し、ブレーキレバーを握った力が一部失われるということが起きておりました。それに対して油圧ディスクブレーキではブレーキホースが使われており、ブレーキレバーを握った分だけ、ブレーキの力に効率よく変換されるようになっております。
特に、握力の強くない方に使っていただくと、その恩恵は大きいのでございます。
ライドの帰り道に長い下り坂を走らねばならないときに、少ない握力で確実にスピードをコントロールできることが、メリットでございます。

また、路面が濡れていてリムの表面に水分がついてしまっても、ディスクブレーキの場合はブレーキ性能に影響はございません。
リムブレーキでは、ブレーキレバーを握っても摩擦が減ってしまい、速度が落ちないということがありますが、ディスクブレーキの場合は大丈夫でございます。
ただし、ディスクローターまで濡れるような状況となりますと、多少の影響はございますが、リムブレーキの制動力低下に比べれば、軽微でございます。

続いてのメリットは、保守整備の間隔がリムブレーキに比べて長くなることでございます。
リムブレーキの場合は、ブレーキシューやワイヤーなどの交換は定期的に実施する必要がございますが、油圧ディスクブレーキの場合は、リムブレーキの部品よりも長く使うことが可能でございます。
例えば、リムブレーキのリムを特殊加工して制動力を向上させたモデルでは、峠をいくつか越えていくうちにブレーキパッドが減ってブレーキレバーの引きしろが大きくなってくることがございますが、油圧ディスクブレーキの場合はブレーキレバーの引きしろに変化がおきません。
ディスクブレーキのパッドの耐摩耗性が高いことと、ブレーキレバー内部で余剰オイルがブレーキホースへ自動的に供給されるようになっており、パッドの減りを相殺してブレーキレバーの引きしろに変化が起きないように工夫されております。
ディスクローターやブレーキパッドには、摩耗が起きますがリムブレーキの部品よりは交換頻度は少なくなっております。

デメリットとしては、部品代と整備費用、重量、上下逆さが不可という点がございます。
リムブレーキよりもディスクブレーキの方が部品代・整備費用共に高価であり、総重量もディスクブレーキの方が重くなる傾向がございます。
あるブランドのリムブレーキモデルとディスクブレーキモデルで総重量の差が300g程あった事例がございます。
上下逆さについては、輪行や車載の際に上下逆さにした後に、ブレーキレバーを動かしてもブレーキの効きが悪くなったりすることがございます。この状態をエア噛みとよんでおります。
出先でこのエア噛みの症状が出てしまった場合には、バイクを正立させて縦方向に振動を加えブレーキレバーを繰り返しゆっくり握り・開きを繰り返すと大抵の場合は復旧させることが可能でございます。

メリットとデメリット双方ございますが、油圧ディスクブレーキの正しい取り扱い方法を知っていただくことで解決することがほとんどでございます。

次回は、油圧ディスクブレーキの基本的な取り扱いについてご説明させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました