油圧ディスクブレーキの基本的な取り扱い

ロードバイクのメンテナンス

マツシマ板橋支店の宮川でございます。

今回は油圧ディスクブレーキの基本的な取り扱いについてご説明させていただきます。

ホイールの固定方法
例外はございますが、リムブレーキとディスクブレーキとでホイールの固定方法が異なる為、脱着の方法に違いがございます。
固定方法はリムブレーキではクイックレバー、ディスクブレーキではスルーアクスルとなります。

スルーアクスル(画像上)はクイックレバー(画像下)よりもシャフトが太くなっております。また、フレームやフォークにもネジが切られておりますので、ホイールを取り付ける際に正しい位置にシャフトの中心が必ず決まる為、ズレたりすることなくしっかりと固定されるメリットがございます。
脱着の際のコツとしましては、ディスクローターがございますので、ホイールを捻らずにまっすぐフレームやフォークから出し入れすることでございます。
各ブランドによってスルーアクスルの形状も異なりますが、画像のようなシンプルなものの場合は、手の力でしっかり締めこむだけで固定が完了いたします。
この他には六角レンチで規定トルクで締めこみを行うものや、締めこんだ後にレバーを倒すものもございます。

パッドスペーサー
油圧ディスクブレーキのホイールの脱着の際に準備を忘れてはならない部品でございます。

ホイールを外した際に同時にディスクローターもホイールと共に外れております。
この際に、ブレーキレバーを握ってしまうとディスクキャリパー内のピストンが押し出され、ブレーキパッドの隙間が通常よりも狭くなることがございます。
そうなってしまうと、ホイールやディスクローターを取付できなくなる場合がございますので、ホイールを外した際には速やかにパッドスペーサーを取り付けていただく必要がございます。

パッドスペーサーの取り付け方法は、ディスクローターの代わりになるよう、ホイールの中心方向からディスクパッドの間へパッドスペーサーを差し込み、奥にある固定ネジへカチッと差し込んでいただくだけでございます。カチッという感触が取付ができたサインでございます。

一方、取り外し方法は、パッドスペーサをホイールの中心方向へ引き抜くだけでございます。

ディスクローターとディスクパッド
ディスクローターとディスクパッドは油分を嫌います。素手でブレーキ面を不用意に触ることは避けていただきたい事の一つでございます。
また、チェーンの洗浄や注油の際にスプレーから飛散してディスクローターを汚染してしまうことがございます。
ディスクローターは洗浄が可能でございますが、ディスクパッドは油分がついてしまうと洗浄することは不可能で交換となりますのでご注意くださいませ。
また、ディスクローターに物があたるとディスクローターが曲がることがございます。
ディスクローターが上向きになるように置くか、立てかけるようにしていただくことが重要でございます。

バイクの上下逆さを避ける
前回のブログでも触れさせていただきましたが、バイクを上下逆さにすると、エア噛みが起きてブレーキレバーを動かしてもブレーキの効きが悪くなったりすることがございます。
バイクを正立させて縦方向に振動を加えブレーキレバーを繰り返しゆっくり握り・開きを繰り返すと大抵の場合は復旧させることが可能でございます。
原因としては、ブレーキレバー内の上部に空気の気泡が混入している場合に、上下逆さになることでブレーキレバー側へ気泡が混入してしまうことでブレーキの動作に悪影響を及ぼします。上の方法は振動とブレーキレバーの動作によって気泡をブレーキレバーの上部へ応急的に戻す作業ということでございます。そうすることで、ブレーキの動作を復旧させることが可能でございます。
エア噛みが発生した場合は、上記の応急的な作業だけではなく、ブリーディングというオイルの入れ替え作業を行い、気泡を外部へ追い出す作業が必要となります。

油圧ディスクブレーキの基本的な取り扱いについてご説明させていただきました。
この点をおさえてただくことで、油圧ディスクブレーキのトラブルを減らすことが可能でございます。
ご参考にしていただけますと幸いでございます。
マツシマ板橋支店では、他社でお求めになったバイクにつきましても、メンテナンスのご対応が可能でございます。
お気軽にご相談くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました