フィッティングについて

フィッティング

マツシマ板橋支店の宮川でございます。

今回は新しいカテゴリーのフィッティングについてご紹介させて頂きます。

フィッティングとは、フィッターがライダーの骨格や柔軟性などの身体的特徴とライドの特徴等の情報を、インタビューや身体測定によって把握し、その情報を元にバイクのポジションを調整して、ライダーが快適・効率よくライドができるようにすることでございます。
ロードバイクを手に入れて、いざライドを始めて多くのビギナーライダーの方々が直面される、お尻が痛いとか、ナニが痛いとか、手が痛いとか、腕が痛いとか、首が痛いとか、カラダのどこかが痛いという痛み問題でございます。
万が一、ライドで痛みに直面した場合、我慢は禁物でございます。特に「慣れるまで耐える」というのは絶対に避けて頂きたいことです。痛みはカラダからの訴えです。「組織がダメになっちゃいます~何とかしてください~」という訴えと捉えて頂けますでしょうか。

痛みを解消するのは、忍耐ではなく、フィッティングです。
フィッティングは、ビギナーとかハイアマチュアとかプロとか関係なく、ぜひロードバイクに乗る、全てのライダーに受けていただきたいものです。
特にロードバイクに乗り始めて最初にやることが「痛みに慣れる」ということは避けていただきたいと考えております。

なぜフィッティングは必要なのでしょうか?
ロードバイクはメーカーやブランドがフレームに載せる部品を選び、組み立て、販売店に卸しています。このパッケージを完成車と読んでいます。
この完成車ではフレームサイズ毎にハンドルの幅を変えたり、サドルの幅を変えたり、ステムの長さを変えたり、クランクの長さを変えたりして、部品がフレームに取り付けられていますが、完成車の場合、販売店で調整ができるのはサドルの高さと前後位置、ハンドルの傾き、ステムの上下、ブレーキ・シフトレバーの取付角度になります。(販売店によっては、長さや角度の違うステムを店頭に用意して、納車の当日までの間にあらかじめ(簡易的~本格的)フィッティングを行う場合もあります。理想的な販売店です!)

ところが、ライダーの身長や脚長、腕の長さ、体の柔軟性などは、十人十色であって、同じ骨格のライダーはまずいません。一卵性双生児のライダーがいたとしても、まったく同じポジションにはならないと考えております。
それを調整するには完成車のパッケージの部品だけでは難しいのでございます。
サドルの高さと前後位置は調整ができたとしても、ブレーキ・シフトレバーの距離や高さ、クランクの長さは調整することができません。
ごくまれにピッタリというのも起きる可能性はございますが、私が過去に多くのビギナーの方々のフィッティングさせていただいた経験上、ブレーキ・シフトレバーが遠い・低いということがほとんどです。つまりもしビギナーの方々がフィッティングを行わないで完成車に乗るとすると、ブレーキ・シフトレバーが遠い・低いという状態で乗ることになりがちということでございます。

ブレーキ・シフトレバーが遠い・低い状態で乗るということは、ライダーに過剰な前傾姿勢を取らせ、首や腰、肩、腕、手などにストレスを与え続けます。
サドルの位置が合っていたとしても、上半身にゆとりがありませんから、ライドは遅かれ早かれ痛みに悩まされる苦行になってしまいます。

では、フィッティングで全てが解決するのでしょうか?
はっきり言うと、全ては解決致しません。フィッターは医師ではないので治療ができません。痛みが故障によって引き起こされている場合は、治療がまず先です。

ただ、フィッティングを受けて頂くことで、痛みの発生を遅らせたり、軽減したり、無くしたりしてより快適にライドを楽しんで頂けるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました